人気ブログランキング |

2006年 11月 09日 ( 1 )

ううん

記事
___________________________________________________________

<いじめ>生徒の被害画像がネットに 札幌の高校に抗議殺到

 札幌市白石区の道立札幌白陵高校(宇野信之校長、生徒数581人)で、1年生男子生徒が教室などでいじめられている画像がインターネット上に流されていたことが分かった。匿名掲示板「2ちゃんねる」などに学校に問い合わせの電話をかけようという書き込みがあり、9日朝から抗議の電話が同校に殺到した。
 同校によると、いじめは昨年10月に教室や学校近くのバス停であった。1年生の男子生徒が女子生徒を含む同級生十数人からこづかれたり、制服にいたずらされるなどのいじめを受けている場面を、いじめに加わっていた生徒が携帯電話で撮影。その動画像を今年3月にネット上に流した。
 同校は今年6~7月ごろ、いじめ画像が流れているとの指摘があって知ったが、いじめ自体は収まっていると判断し、静観していた。
 2ちやんねるの書き込みには「9日午前8時から学校に問い合わせの電話をかけよう」とあり、同校には朝から3本ある電話が鳴りっ放し状態になった。「いじめをなぜ許すのか」など、学校の対応に抗議する電話がこれまで数十本あったという。
 同校の若林利行教頭は「いじめが収まったと思って経過を観察していたが、このような結果になって対応が遅れたと反省している」と話した。【千々部一好】
(毎日新聞) - 11月9日14時21分更新

___________________________________________________________

「学校の中の社会」(実際にはそういう風な囲みは有りませんが、イメージ的に)で行われる為に、いじめを行う側も然程罪の意識を感じずに居て、される側もそれに「大人を含む社会」を取り入れる事を躊躇う。

なんだかそんな構図が出来ているような気がします。

今回の、やる側がアホだった事で生じた、学校、当人達(いじめた側)からは、想定していなかったであろう事態。

こういう「小さな社会」で行われている「(一般の)社会的問題」が公にされ、それに対して「(外部の)社会」がパッシングを行う、と言うのは、結構良い事なんじゃないかと思います。(ひとえに、これは教師の無能さからも来るものがあると思います。)

「相手の気持ちになって考えてみろ」と言うのを良く聞きます。
実際考えて行動する時、これは重要だと思います。
小学校、中学校の教師も事件の後には多分どっかで言ったでしょう。

多勢に無勢の状況で攻撃される、ってのを手っ取り早くやった側に伝えるのは、今回のようなのが一番だと思います。叩かれて然るべきだなと。

逆に、こういうのは身をもって教えないと、やった側(いじめを悪いとは思わない
側)からすれば、わかり難い。

先程も書きましたが、こういう事件はドンドン公に出るべきだと思うですが、前にも書いたとおり、現状、学校側がそれを拒否し、出来るだけ「小さな社会」の中で済まそうとする為に、このような悪循環が生じます。

今の学校(教師)には「事後のいじめを根本的に解決する」能力が備わっていないんだと、「(外部の)社会」が認識し、「(外部の)社会が学校から情報を引っ張り出す」ような体制になればなあとか思います。

大人ってのは変だったので、変更しました。
by Soyclub | 2006-11-09 15:23 | 小言や色々